お見積もり・お問い合わせ

ブログ

  • 2019.08.03

    もしもの時のため 今からしておきたい生前整理

    こんにちは、浜松市の遺品整理士の喜ばせ隊です。

    遺品整理と一緒に知っておきたいのが生前整理です。

    名前だけ聞くと、余命わずかな人が死期を悟り身辺の整理をする…そんなものをイメージしませんか?

     

    自分にはまだ早いと、他人事のように感じるかもしれませんが、

    事故や災害、病気などで命を落とす可能性は老若男女問わず平等にあります。

    そう考えると、若いうちから亡くなった後のことを見据え、考えていくことに、早すぎるということは無いのかと思います。

     

    さらに近年、若い人でも孤独死が増えている実情。

    明日は我が身、もしものときに家族に迷惑をかけないために、死後自分のプライバシーを守るために、

    今からすぐにできる生前整理について説明していきたいと思います。

     

     

    生前整理とは?

    遺品整理が、亡くなった故人の日常使っていたものを整理するのに対して、

    生前整理とは、生きているうちに死後のことを考えて身辺や、財産を整理することをいいます。

    死後、家族に迷惑をかけない為に、と始めている方が増えている終活の一つです。

     

    特に40代50代の方が実際、自分の親世代の遺品整理をすることになり、改めて自分の終活について理解・関心が高まっているという傾向にあります。

     

    整理とはとても体力・気力を使うもの、元気なうちに整理して、安心した老後を過ごしたいですよね。

    一気にやるよりも、今のうちから少しずつ整理した方が負担は少ないです。

     

     

    そこで、今からすぐにでも出来る生前整理をご紹介します。

     

     

    貴重品をまとめておく

    通帳やハンコ、カードなどはなるべく同じ所に。契約書や保険証など、重要書類は他のものと混ざらないよう保管しておくとよいでしょう。

    一か所にまとめておくことで、何かあっても家族が探し出しやすいです。

    また、防犯の為分けておく場合は場所を記したメモを作っておくとよいでしょう。

     

     

     

    エンディングノートを作っておく

    エンディングノートとは自分の死後に備えて自分の意志や希望を書き留めておくメモのようなものです。

    遺言書とは違い、法的な効力は無く残された家族の負担を減らすことを目的としているものです。

     

    エンディングノートに書く事

     

    最初に終末医療についての対応や葬儀の希望・知人の連絡先・遺産や貴重品の所在など、

    突然死亡しても残された家族が困らないよう情報を書いておきましょう。

     

    ネット社会の現代、残された家族たちを困らせるのがデジタル遺品。

    パソコンやスマホの中には個人情報が多く詰まっています。

     

    最近では、知人の連絡先を全てスマホの中で管理してる人も多いので、

    訃報の連絡を入れたくてもスマホのパスワードが分からず、友人や知人に亡くなった知らせが届かない。

    亡くなってからも有料コンテンツの支払いを請求され続けるなど、デジタルならではの問題もあるのです。

     

     

    またSNSにアップロードしたものは退会しない限り残り続けるので、エンディングノートには最低限スマホやパソコンのパスワードや、入会中の有料コンテンツ、SNSのアカウント情報など明記しておくと、そういったトラブルを避けられるでしょう。

     

     

    しかし、スマホやパソコンの中には誰にも見せたくないプライベートなものが詰まっているのもまた事実。

     

    誰にだって人には知られたくない秘密の一つや二つあるものです。

    自分の亡くなった後、それらが人目に触れるのを避けるために、

    エンディングノートに消してほしいファイルを記しておくのも一つの手です。

     

    家族に頼めない場合は、信頼のおける友人や知人に自身の死後、消してほしいデータを削除してくれるよう頼んだりするのも手です。

    また、最近では自分の死後自動でデータを消去してくれるフリーソフトもあるので、

    デジタル終活として参考にしてみるのもいいかもしれないですね。

     

     

     

    他にも一人暮らしでペットを飼っている方は、自分にもしものことがあったときのペットの引き取り手など、

    家族や知人に相談して話し合っておきましょう。

    また、ペットの性格や好みなどエンディングノートに書いておくと自分にもしもの事が起こっても、

    スムーズに新しいお家に引き取ってもらうことができます。

     

    エンディングノートはメモ感覚で書き留められるので、

    思い立った時に少しづつ書いてみてはいかがでしょうか。

     

    まとめ

    いかがでしたか。

    貴重品をまとめてみたり、自分の意志をメモに残したり、思い立ったらできる簡単な生前整理を紹介してみました。

    生前整理は元気なうちに、少しづつ進めていくことで、後々の負担を減らすことができます。

    片付けをするだけだなく、家族や友人と話し合って意志を伝えておくこともまた生前整理になります。

     

     

    今の自分を大切にし、亡くなった後の家族に負担をかけないためにも、出来ることから少しずつ始めていきたいですね。

    生前整理は、よりよい最期を迎えるため、今をより良く生きていくための前向きな作業でもあります。

     

    これを機会に身近な人と生前整理について話してみてはいかがでしょうか。

     

     

     

     

    私たち喜ばせ隊は、地域密着型で静岡県の浜松市を中心に活動しています。

    遺品整理・生前整理でお悩みの方はぜひお気軽にご連絡下さい。▼

    https://www.ihin-hamamatsu.com/contact/

    その他生活のお困り事解決します!▼

    https://www.yorokobasetai.com/

     

                           
  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • 会社概要

ご対応エリア

浜松市を中心に、磐田市・袋井市・湖西市などからも多数ご依頼いただいております。浜松市外の方もお気軽にお問い合わせください!
ご両親が静岡にお住まいの方で
県外からのご依頼も対応可能です。
浜松の便利屋さん 喜ばせ隊